月別アーカイブ: 2018年9月

いきいきとした素肌でいられる

誰でも歳はとりますが、肌年齢は努力如何では変える事が出来ます。肌年齢を進行させるのは、加齢による保湿機能の劣化を除けば、紫外線によるものがほとんどです。効果的にシワを防ぐには、日焼け止めの利用が挙げられます。さらに日傘、帽子(バイザー)などを活用して通年にわたり防御しましょう。また、やむを得ず日焼けしてしまったときでも、冷たいタオルなどで、ほてりや赤みがひくまで冷やしたアト、刺激が少ない化粧水やボディミルクなどで保湿して、シミやシワの元をつくらないように心がけましょう。結果的に肌の劣化スピードを遅くし、いきいきとした素肌でいられるようになります。シゴトと生活に精一杯のアラサーです。毎日クタクタになってそれでもシゴトをしていますが、ある日、なぜか鏡を見て、さらにじっくり見てびっくりしてしまいました。鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。どれだけ自分が疲れ果てているのか、はっきり映っていました。この時のことをきっかけとして、私は決心しました。

どういうに疲れて帰ってきてもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌のためにできることをして、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。20代という年齢は、女性の肌が大人として完成してくる時期です。そんな時期に自分の肌は大丈夫!なんて安穏としていてはいないでしょうか。

シワの土台って、20代でつくられるんです。年をとらなくても皺は出来ます。紫外線に当たるスポーツ選手などが良い例です。表に出ていない現在は幸いと思わなくてはいけません。

でも、これから影響が出てくると考えたほうがいいと思います。30歳の自分がどういう肌でいたいのかをイメージし、20代半ばを過ぎたら目的を持ったスキンケアをしていきましょう。シワ対策にもいろいろありますが、簡単で人気も高いのはやはりパックでしょうか。長い一日を終えて、パックで肌を労わってあげる貴重なリラックスタイムです。ところでたまには自家製の即席パックを使ってみるのはいかがでしょうか。普通のプレーンタイプのヨーグルトにちょっとずつ小麦粉を入れ、パックに適した固さにして肌に定量のせて、しばらくの間パックを楽しみましょう。冷たいヨーグルトが毛穴をひきしめて、その成分が美白、ニキビ予防、保湿などの働きをします。

ですからシワにだって効いてくれるでしょう。なにより、安価なのは嬉しいところですね。毎年、梅雨と言えばカビを思い浮かべる方も多いのになるでしょう。蒸し暑い時節になると、私達の肌にいる常在菌も増えるのが当然でしょう。中でも、マラセチア菌(真菌)が悪さをすることによって発症する「でん風」と呼ばれる皮膚の病気は、体のイロイロなところに発症します。

皮膚が茶色くなり、シミのようになるでん風や、そこだけ色が抜けたように真っ白になってしまう場合もあります。

これってシミではないかも?と思ったら、迷わず、皮膚科へ行ってみるべきです。摩擦刺激を肌に与えることは肌のコンディションを保つ上でよろしくないという事実はもちろん知っています。

それなのに、ついつい力いっぱいメイクを落としたりだとか、洗顔料を使用したりだとか、クリームを塗る際にも、強めの力で使用してしまったりしているんです。クレンジングのときには、お化粧汚れとソフトに一体化させるようなイメージで、そっと指の腹の部分で汚れを落としてあげるのがベターでしょう。なんにせよ、強い力は不要である事を念頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)において、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、と、まあ、それができれば理想的なのですが、ふと気づくと、お肌に触る手に力をこめてしまっています。産後に体質が変わったという話は良く聴きますが、肌もその例に漏れないようです。長期間変化のなかったホルモンバランスが出産で急激に変わるため、肌の乾燥(しわ)や、ニキビ、しみの定着などが出やすい状態になります。2つある女性ホルモンのうちエストロゲンが減少するので、肌は乾燥に傾く場合がほとんどです。夏場は湿度のせいで気づかず、秋になって悪化するので気をつけてください。

少しの刺激でも肌に強く作用してしまう時期なので、産後の肌質の変化に対応するには、極力マイルドで添加物の少ない化粧品でうるおいを補填するようにケアしましょう。赤ちゃんはどこに触れてくるかわからないですから、安心できるものを使いたいものです。

年齢が進んでくるにつれ、肌もいっしょに年をとっている気がします。いつしかくっきりしてきた目元の笑い皺や瞼のゆるみなど加齢の兆候には誰もが憂鬱を感じているのです。加齢で表皮が薄くなると急速に弾力性・保水性がなくなり、年輪が肌に残るようになります。

紫外線対策をするようになっても、いままで日に当たっていた手の甲や、顔の中では目周り、口元などのしわに悩んでいる人も少なくありません。ある程度専門的なスキンケア製品などで肌質の改善が必要でしょう。顔にできたシミが気になるなら、とりあえずは、日々のお手入れによって気になるシミを目立たなくしたいと思いますよね。ですが、日ごろのケアではどうにもならない時はクリニックに行けば、レーザーの照射などでシミを取るという方法もあるためす。フェイシャルエステを行うサロンでは特殊な光線によって、シミのお悩み解消を目さしているところもありますが、病院に行くと、さらに確実性の高いレーザーによる治療という方法で気になるシミをキレイにする事が出来ます。

アレルギーや湿疹などで引掻きすぎたり、強すぎる洗顔を行っていると、表層が剥がれて薄くなります。再生してもまだ新しいので、とても脆く傷つきやすいです。表皮は一定期間で外側の層が剥がれ落ちて再生しますが、わかっていて何もしないでいると表皮のバリア機能を害し、やがて表皮の下にある真皮にも深刻なトラブルとなって現れてくるでしょう。すなわち、リフト機能が弱まってしまい、回復できなかった皮膚の緩みがシワになるため、肌年齢が進行してしまいます。たるみが大きいと皺も深くなるので早めのお手入れが大事です。